コミュニケーション

遠方に住む、姉と甥っ子が帰省中の我が家。
まだ1歳を迎えたばかりの甥っ子は、
帰省してくる直前に歩き始め、
1週間程経った今では、大人の手を取り、
随分と長い距離を散歩できるようになりました。

言葉はまだまだ「ん?」や「んばっ!」「わんわん」と幼児語が増え始めたところですが、
言葉足らずながら、何かを必死で伝えようとしているのを見ると、
以前にも経験したような、不思議な感覚を覚えます。

何だろう、と思っていましたが、
ふと、海外での思い出がよぎりました。

自分で考えている事、伝えたいことが山のようにあるのに、
語彙数が少なく、言葉が流暢でないので
それを文章、ましてや言葉で表し、相手に伝えることができない。

伝えたい意思が溢れているにも関わらず、
伝える手段のないもどかしさは、まさしくそれでした。

聞き手は、
話し手が大人であれば「それが言いたかった!」や、
子どもであれば、そのような言葉の代わりに 
ピタッと泣き止んだり、満足げな表情が出てくるまで、
どうにか汲み取ろうと必死になります。

その分、感覚が一致し、意思疎通できたときの爽快感は格別です。

問題なく言葉の話せる大人同士や、子供との会話でも同じことで、
お互いに分かろう、知ろうとする姿勢は
会話をすることが仕事の私にとってはとても重要な事で、
「コミュニケーション」の重要さを感じている毎日です。

目に入れても痛くない甥っ子。
日々の成長に目を細め、
表情と財布の紐が緩みきっている叔母なのでした。

別所

広告
カテゴリー: bessho

飾り付け

今年も大きなクリスマスリースを飾りました!
インブルーも一気にクリスマスムードです!

寒い日が続いていますが、
店内を暖かくしてお待ちしております。

篠原

【お問合せ】
TEL:086-441-5070
メール:info@inblue.jp

カテゴリー: shinohara

オーナーの休日。

寒い日のテラスでのコーヒーは格別!?

今日はBabourのジャケットで、
知人との談笑も絵になります。

光本

【お問合せ】
TEL:086-441-5070
メール:info@inblue.jp

カテゴリー: mio