タイムスリップ


先日、大阪に歌舞伎を観に行ってきました。
今回は、松本白鸚さんと松本幸四郎さんの襲名披露公演とのこともあり
一段と人も多く、賑わっている様に感じました。
歌舞伎だけではなくメディアでも活躍されているお2人なので、
よく拝見しているのもあるのか、
舞台上でのオーラは凄まじく、圧倒されました。

今回で歌舞伎の観劇は三回目なのですが、毎度歌舞伎を観るときは
自分自身をまだ娯楽に歌舞伎しかなかった時代にタイムスリップさせます。
そして、
あの時代にこんなにも煌びやかな衣装を目の当りにしたら
何よりも輝いて見えたのだろう、
豪華なセットと優雅な舞で世界が繰り広げられたら
現実世界から離れたような気持ちになったのだろう…など
様々な想像を膨らませながら楽しみます。

今の時代は娯楽も増え、
楽しさのベクトルが変化していっているように思いますが、
あの頃から今も変わらず伝統芸能として演じ続けられ、
人々を魅了し続けている歌舞伎は
なんて素晴らしいのだろうと毎度感動します。

そんなオリジナルな楽しみ方で観劇してきたのですが、
今回の歌舞伎にはお着物で来られる方もいれば、
素敵なワンピースで来られる方もおられました。
女性の方の華やかな服装が目だったように感じたので、
こんな時こそ男性はデニムスーツの出番ではないか…!
そう思った私は、デニムスーツで歌舞伎を楽しむ新たな文化を根付かせたいと思いました。

木戸

広告
カテゴリー: kido パーマリンク