わくわくする、この感覚

先日、私たちのスーツ生地を作っている工場に見学に行ってきました。

様々な機械を用いてやっとできあがる生地。
一連の行程を見せていただき、勉強になる事が沢山ありました。

布を織る技法は遥か昔から続くものですが、
今では機械化が進み、かなりの作業が簡単に出来るようになりました。
ただ、要所要所では今もなお人の手が必要な事にも気づきました。
要所と言うだけあり、織の行程において要の部分は手作業で行われているのです。

複雑に動き淡々と作業をこなす機械の動きも興味深いですが、
やはり繊細な手作業は見とれるものがありました。

様々な機会と人の手を介し出来上がる様を見て改めて、
ものづくりはなんて面白いのだろう
そう思いました。

どんな事柄においても
面白い、わくわくする、
この感覚が何より人を突き動かすのだと、
私もこの感覚を忘れずに何事にも取り組まねばと思いました。


木戸

広告
カテゴリー: kido パーマリンク